妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

妊婦さんがノロウィルスにかかったら

ノロウィルスやインフルエンザの時期になると、毎年たくさんの人が苦しみます。

 

ノロウィルスもインフルエンザも両方かかっちゃった!

 

そんな人もいますが、どっちが辛いかを尋ねると、断然ノロウィルスの方が辛かったという人が多いです。

 

そんな中、妊婦さんだって感染系の風邪や胃腸炎になる人もいます。

 

妊娠している時にノロウィルスにかかったらどう対処したら良いか、対策や胎児影響は?

 妊婦さんがノロウィルスにかかる前の対策

 

妊婦さんがノロウィルスにかかったら大変です。

 

なぜ大変かと言うと、嘔吐する事が多いので子宮に負担がかかってしまうためです。

 

f:id:navimy:20151203181807j:plain

 

早産や流産のきっかけとなってしまうので、ノロウイルスには絶対にかからないようにしたいですね。

 

妊婦さんに限らず、ノロウィルスにかかったらものすごく辛いので対策を練って感染しないようにしましょう!

 

普段通りの生活をしていたらどこでどんなウィルスをもらってくるかわからないのでノロウィルスには予防ありきです。

 

外出するときには必ず隙間の無いマスクを着用。

 

隙間があると、そこから空気中のウィルスが入ってくる恐れもあります。

 

そして、帰ってきたらまずはうがい。

 

手洗いもしますが、その時には手首まで洗浄します。

 

f:id:navimy:20151203181843j:plain

 

そして、除菌用消毒スプレーを使って部屋の掃除。

 

消毒スプレーはアルコールだとノロウィルス菌は死滅しません。

 

次亜塩素酸水じゃないと効かないのです。

 

ネットで次亜塩素酸水を探してみると色々と出ています。

 

私はネーミングが面白いバイバイ菌が気に入りました!

 

こういった塩素系のスプレーで除菌をすると、ノロウィルスだけでなく、感染系のウィルスや花粉他、アレルギーにも効果があるそうなのです。

 

ノロウィルスが流行る前からこういった予防、対策をすると時期が来てもあわてないで済みそうですね!

妊婦さんがノロウィルスにかかっている時の心配は?

妊婦さんでもノロウィルスにかかってしまう場合もあります。

とにかく、嘔吐が辛いですね!

 

そういったときはお腹にどうしても力が入ってしまいますので妊娠中のおなかの中にはあまり良くありません。

 

胎児は苦しくないのだろうか?

 

妊娠中にノロウィルスにかかっても無事に出産出来るだろうか?

 

安心してください。

胎児には影響はないそうです。

 

しかし、気持ち悪い状態が続くとおなかに力が入るのと同時に子宮収縮もします。

 

子宮収縮が出産に影響があるのです。

 

収縮していたら赤ちゃんが早くお腹から出てこようとして、早産になる危険性もあります。

 

動けるのであれば、病院に行って吐き気止めを出してもらうと良いですね。

 

f:id:navimy:20151203181936j:plain

 

吐き気止めは胎児に影響はないそうです。

 

とにかく脱水状態が怖いので、水分を摂る事です。

 

ポカリスエットよりも糖分を抜いたOS-1がおススメです。

 

薬局で買えます。

 

OS-1ゼリータイプだとつるん食べられて食欲がない時でもこれならつるっと口の中へもっていけます。

 

食欲もなく、水分も摂っていない、めまいがする等、どうしたら良いのか、病院へ行った方が良いのかと思ったときは「#7119」に電話をかけて対処方法を聞いたら良いと思います。

 

半日くらいでひどい症状から抜けられることが多いのですが、調子がよくなっても発症3日までが感染力が強いので外出は控えた方が良いです。

 

妊婦さんがノロウィルスにかかったら水分&食べ物&安静&除菌で安心。

 

食欲が出たら消化の良いうどん、豆腐、ゼリー、おかゆでエネルギーもためておかないとね!

 

インフルエンザやノロウィルスの時期にはこれ1本で安心

    この時期売れまくっています。

       ↓↓↓↓