妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

妊婦が喫煙と飲酒を続けていたら発達障害の心配がある。

妊婦が発達障害の子供を出産しないためにはどういったところに気を付けたら良いの?

 

妊娠すると色々な心配事が出てきますね。

 

心配してもしょうがない場合と、気を付けていれば避けられる状態があります。

 

今日は発達障害の事についてです。

 

発達障害と言ってもいろいろあります。

 

発達障害には知的障害があるものと知的障害がないのと二つのものがあります。

 

最近よく聞く、アスペルガー症候群、ADHD、自閉症

 

こういった障害を抱えても一生懸命生きています。

 

でも、出来たら障害が無い状態でで生みたいと思うのが親の常でしょう。

 

 発達障害の子供が生まれる原因

 

 

どうして発達障害の子供が生まれるかは色々な原因があります。

 

わかっているものを排除することによって少しでも発達障害の心配が無いようにしたいのではないでしょうか。

 

たとえば、父親が高齢だと脳機能障害の子供が生まれやすくなると言ったことはあるようです。

 

でも、もちろんみんながみんなではありません。

 

高齢の男性だって障害の無い普通の子供の親になっています。

 

女性でいうと、発達障害は飲酒や喫煙が原因として考えるところがあります。

 

飲酒もタバコも何となく脳を麻痺させるような力があります。

 

脳を麻痺状態になると言うことはその血を引き継ぐ子供にも何かしら残してしまっていると考えられるのではと。

 

f:id:navimy:20151209224553j:plain

 

この二つは妊娠中は絶対にダメです。

 

知り合いの女性に妊娠中にずっとタバコを吸っていたと言う人がいます。

 

その子供は普通学校には行けないと言う判断がつきました。

 

軽いのですが、知的障害があります。

 

そんなことは知らなかったとは言え、発達障害の原因となる飲酒と喫煙を妊娠中にしていたことを後悔しています。

 

自分の子供がどうもおかしいな普通は3歳くらいになると普通に話が出来るようになるのに会話は単語しか言えない。

 

普通の幼児と少し違うと思ってきたのです。

 

f:id:navimy:20151209224747j:plain

 

話しのつながりになるとうまくしゃべれない。

 

おかしいと思って障害発達センターに行くと、やはり知的の発達障害がある事がわかりました。

 

なぜそんな状態で生まれてきたのか調べたら、発達障害の子供を出産する原因のひとつに妊娠中の飲酒と喫煙があった事を知って後悔しています。

 

今さらですが、ちゃんと調べてもっと大事に妊娠中を過ごせば良かったと!

妊娠中にどんな食べ物が原因で発達障害の子供が生まれる?

まさか、妊娠中の食べ物で発達障害の子供が生まれるなんて!

 

そう思いますね。

 

調べないとわからないことです。

 

おそらく、このあたりの内容は産婦人科でも教えてくれないと思いますし、医療外の話になると思います。

 

ダイエットするならグルテンを排除した方が良いとされているのですが、このグルテンも発達障害に関係があるとのこと。

 

小麦製品の中に入っているグルテンなんて、色々な食べ物に含まれているので排除して食べると言うことは難しい。

 

ちなみに私はダイエットしたい、腸を汚したくないと言う気持ちがあるのでチョイス出来るはグルテンフリーの物はします。

 

f:id:navimy:20151209224644j:plain

 

そして、妊娠中は生まれてくる子供にアレルギーが出ないよう乳製品の摂取は控えるようにと言われている昨今。

 

その乳製品の中に入っているカゼインも発達障害と関係あるそうです。

 

小麦のグルテン、乳製品のカゼインは妊娠中はなるべく控えた方が生まれてくる子供に発達障害の心配は少しなくなりそうです。

 

絶対に妊娠中は発達障害に限らず飲酒と喫煙は良くないことを妊婦さんは知っておいた方が良いですね。