妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

不妊治療各種の治療費と助成を知りたい

不妊治療をしている人の気持ちは経験している人でないとわかりません。 

 

自然妊娠でもその都度の診察代金の高さに驚いていると言う妊婦さんは多いですね。

 

自然妊娠では妊娠が中々出来ない場合は不妊治療をしますが、そこではもっとお金がかかります。

 

不妊治療をしているカップルは自然妊娠でお金がかかって参ってしまう言っている人たちには不妊治療はそんなもんじゃないよと心の中では思ってしまいますよね。

 

不妊治療の負担はお金だけではないですから。

 

不妊治療は精神的なもの、時間もかかります。

 

 

不妊治療は何から始める?

 

自然では妊娠が難しいと判断したカップルは不妊治療を決断する事になります。

 

まずはカウンセリングで今までの経緯を伝えます。

 

この時点での診察代は3,000円から5,000円です。

 

まずは身体に負担のない「タイミング法」の提案をしてくれます。

 

それで難しい場合は「ホルモン療法」

 

注射や薬を飲んで不妊治療をしている人は多いですね。

 

投薬、診察、検査代でもう10万円・・・

 

人工授精まで行くとまた1回で3万円前後。

 

それで難しかったらいよいよ、高度不妊治療に入って行きます。

 

ここからがお金はどんどん使うことになって行きます。

 

出来れば高度治療に進む前の段階で妊娠すれば金銭的にも時間的にも負担が軽くすみます。

 

体外受精になると身体の負担もありますから。

 

f:id:navimy:20160114134720j:plain

 

 

体外受精をするために卵子を子宮から取り出し、外で精子と培養。

 

卵子の数にも今後の事は大事になって行きます。

 

仮に卵子の数が少なくともちゃんと受精が出来たら万々歳です。

 

培養がとても大事ですね。

 

不妊のカップルはうまく受精したかどうか、気がかりです。

 

培養に30万円近くかかります。

 

体外受精、顕微授精に助成金はいくら?何回まで?

 

不妊治療の数々をやってきて今までもかなりお金が飛んでますが、そこで助成金がでるので少しはほっとしますね。

 

不妊治療にかかる助成金はほぼ、一回に15万円。

 

男性が不妊の影響があり、手術した場合は40万円まで助成されます。

 

精子欠乏、無精子などがそうです。

 

芸能人でも無精子症をカミングアウトした男性がいましたが、手術をして無事に子供を授かる事が出来ました。

 

43歳になるまで女性は受けられます。

 

1回15万円で6回までです。

 

不妊治療を始めて妊娠するまで平均2年。

 

かかった治療費は140万円位。

 

不妊治療をしても2年で妊娠したら嬉しい事だと思います。

 

私のまわりではもっと年数をかけています。

 

体外受精も顕微授精も1回で50万円位かかると予想しておいた方が良いですね。

 

顕微授精の方が実際はもっとかかります。

 

何しろ、培養費用が高い。

 

最近は卵子凍結と言うのも推奨されていますね。

 

今は病気で身体に受精できないからとりあえず凍結保存しておく人がいます。

 

数か月前に、癌で抗癌剤を投与する為卵子の状態が悪くなると言う高校生がいました。

 

いつか妊娠するかもしれないと言うことで高校生の娘に凍結保存をすすめました。

 

病院側の提案で採卵し、凍結保存しました。

 

ずっと、何年も・・・

 

高校生の娘はやがて婚約者が出来ました。

 

前に保存しておいた卵子を凍結から融解し、子宮に戻し見事出産したのです。

 

奇跡と言われていましたが、当たり前の出来事になる事を願います。

 

期間により凍結保管代金は違いまので、長く凍結保存している人はお金もかかっています。

 

最近は自分の卵子が老化する前に採卵し、凍結すると言う例も出てきたようです。

 

しかし、自然の定義に触れると言うことで理由によっては凍結保存も出来ないのです。

 

いずれにしても、自然妊娠できないカップルはかなりの時間と費用と精神面での負担がありますが、各種の不妊治療をやって助成も受けられるだけ受けて出産まで成功されるよう願いたいですね.