妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

不妊症の治療案改正,不妊の定義と高齢出産が気になる

不妊症の治療案改正の改正で不妊の定義が変わってそれは困ると思ったカップルも出てきています。

 

今までは健康な男女が結婚して二年経ったうえで妊娠しなかったら不妊症と言うことになっていました。

 

しかし、2015年不妊症の治療案の改正があり期間が二年から一年になりました。

 

その背景には一年間妊娠しなかったら十分に不妊の可能性が高いと言うことがあるようです。

 

それでは高齢と言われている初産35歳以上の妊娠可能の期間も同じことなのでしょうか?

 

 一年間妊娠しない場合不妊と思われることは?

 

今までは二年の猶予期間があった不妊の定義

 

それが一年になって焦っているカップルもいるかもしれません。

 

一年経って妊娠しない原因は様々です。

 

今回の改正の意味は、不妊と思われる原因をいち早く調べて少しでも早く不妊とわかったら治療を始めるべきだと言うコンセプトがあるようです。

 

不妊治療を始めるなら少しでも早い方が良いと言うことは強いては少子化に歯止めを打つと言う考えがあるようです。

 

それは良くわかりますが、自然妊娠を中々しなくても数年後に妊娠が発覚する人もいます。

 

そういったことがあり得るのに、不妊症だと決めつける内容だと心が折れてしまう人もいそうですね。

 

35歳以上過ぎると妊娠の確率が少しずつ下がってきます。

 

高齢出産と言われるのは35歳で初産の場合と40歳以上の経産婦です。

 

f:id:navimy:20160114155919j:plain

 

高齢出産でもちゃんと出産する人はとても多い。

 

高齢で初めての出産と言うことは、晩婚だったか今まで中々妊娠しなかったのかどちらかですね。

 

不妊治療も卵子が老化していく年齢になると妊娠しにくいのです。

 

不妊症の治療案改正で不妊の定義が一年に短くなったのは早め早めの治療を推進しているかもしれないですね。

 

不妊治療で有名な新宿の某クリニック、元プロゴルファ―の東尾理子もこちらで出産しました。

 

この病院に通っている人に聞いた話だと高齢とみられる女性がとても多いそうです。

 

明らかに40代前後~45歳位に見える人がたくさん来ているようだと言っていました。

 

30代のうちはまだ卵子もそんなに老化していないので自然妊娠の可能性もまだあります。

 

不妊治療と漢方とお灸と鍼と

 

ある程度の年齢になると不妊治療をしても、妊娠出産の確率は下がってきますが不妊治療と並行して東洋医学も取り入れている女性が最近は多くなってきました。

 

いくらホルモン療法を試みても卵子を採卵しても妊娠しない場合、母体そのものが赤ちゃんを育てる環境なっていないこともあるのです。

 

病院での治療と平行に妊娠しやすい漢方薬を処方してもらったり、妊活中や妊婦に良い食材を摂りいれたり、時には鍼やお灸も並行してみると良いですね。

 

高齢出産で、妊娠する確率が少ない女性ほど妊娠しやすい身体の環境にもっていき無事に出産までたどり着くよう願うばかりです。

 

不妊症の治療案改正で不妊の定義が一年間と期間は短くなりましたが、色々な方法を試して不妊を克服して行けたら良いですね!