妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

不妊治療はどれくらいお金がかかるの?

不妊治療につぎ込むお金はいったいどのくらい?

<不妊治療>「まるでギャンブル」 高額費用つぎこむ40代

今日、こんなニュースがYahoo!に書かれてました。

 

それは40代の女性の不妊治療にかかったお金のトータルがびっくりするような金額である事からのニュースですね。

 

数百万円かけて治療した結果、妊娠に至らない場合もあります。

 

不妊治療している人はたくさんいるのは解っている私ですが、Yahooのトップのニュースに出るなんてびっくりです。

 

私は妊活と健康の記事を書いていますし、妊活中だったり不妊治療そして不育症の治療をしている女性たちに色々と体験談を聞いてそれなりに不妊治療にかかる金額は知っていました。

 

不妊治療はまるでギャンブルと言わんばかりの思いを持っている女性の気持ちは痛いほどわかります。

 

だって、不妊症だったら治療に妊娠するまで色々な段階を踏んで高いお金を出しているのです。

 

普通に妊娠した人が一回の診察で5000円もかかっちゃった!

 

高くて参るわ~。

 

なんて言っている簡単に妊娠した人とはお金のかかり方が違いますもの。

 

もちろん出産費用は高いです。

 

不妊治療して無事出産する人だって同じく出産費用はかかるのです。

 

と、言う事は不妊治療代のお金が普通に妊娠出産した人の何倍もかかっているという現実。

 

 

不妊治療すると決めたら若い方が良い

 

 今や20歳前後でも不妊治療をしているカップルもいます。

 

その理由は若いから妊娠しやすいはずなのに全く妊娠する気配がない。

 

f:id:navimy:20160117233139j:plain

 

若いだけでは自然妊娠は望めない気がする・・・

 

そんな理由で不妊治療をしているのだそうです。

 

割合的には若いカップルで不妊治療をしている率は少ないです。

 

ですが、若くても明らかに妊娠しにくいと分かった時点で不妊を専門としている病院の門を叩いたと言う例も少なからずいます。

 

少しでも卵子、精子が新鮮な方が妊娠する条件が上がると言う判断から若くても自然を待たずに治療を!

 

それはある意味正解かもしれません。

 

妊活していても結果が出ていないのだったら少しでも早くと言う決意は色々な意味で良い事なのです。

 

20代と35歳以上の不妊治療成績はもちろん20代の方が良い。

 

ただ若いだけにお金が使えない・・・

 

気になるのは不妊治療はどれくらいお金がかかるのか?

 

人工授精までだった何とかなる!

 

でも、高度不妊治療の体外受精と精子側に問題がある場合に治療する事の多い顕微授精になるとぐ~んとお値段上がります。

 

診断をし、検査をし排卵日チェックをしてタイミング法をやり、それでだめでも薬や注射を試みて妊娠すればまずは肩の荷をおろす・・・

 

それでもだめだったらこの後から本格的な高度不妊治療でお金がかかっていく出番になって行きます。

 

そうなると1クールで100万位はかかってしまいます。

 

病院の診察料は自由診察の部分があります。

 

その病院によってトータルの不妊治療にかかる費用は違ってきます。

 

100万円ですむ人もいればその倍、3倍の治療代がかかっているカップルもいます。

 

しかし、採卵が出来てほっとしたのもつかの間。

 

次は体外で受精を。

 

培養士が良い卵がとれたことを確認したり、何個とれたか数も確認をします。

 

卵子の状態にも寄りますが、たくさん卵子があるから良いと言うことでもありません。

 

立派な卵子が一つあって成功すれば良いのです。

 

受精は成功しても着床したかどうか!

 

妊娠に及ばなくても今までにかかった100万円強は治療代へと消えて・・・

 

どうしても妊娠したい人はお金がかかってもそこでまた二回目の体外受精に踏み切るのです。

 

そうしているうちに年月がどんどん過ぎて、今までよりも妊娠しにくい身体になっても不妊のカップルは頑張ります。

 

確率がゼロではない限り。

 

幸い一定の年齢になるまで助成金が一回の治療で15万円出る場合がほとんどです。

 

100万円のうちたった15万円か?

 

と、思いますが少しでも助成金が出ると助かりますものね!

 

不妊治療で見事に妊娠したら嬉しいですね。

 

それでも無事出産に至るまでまだまだ胸を撫で下ろすことは出来ません。

 

妊娠中の病気や不育症と言う流産を繰り返す女性も少なくはありません。

 

無事に妊娠と出産に辿る付けるように身体を温め温活もして赤ちゃんが宿りやすい体質にもっていけたらベストですね。