妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

おなかを温めて妊活にも良い腹巻は最高!

なぜ風邪をひく人とひかない人がいるの?

 

寒いだけでも風邪をひきます。

 

寒いからだけではなく、免疫力があるかないかで同じ環境にいてもかたや風邪をひく、かたや寒さなんかへっちゃら。

 

そういう人は腸の中が温かいのです。

 

免疫は腸が70%。

 

腸の中が温かいと血流も良いですし、ウィルスも感染しにくいのです。

 

なので、腸はとっても大事。

 

お腹、そして腸を温めて病気知らずになりましょうね。

 

そして、寒さは我慢はしない。

 

 首と言われるところを温める

 

首を温めると温かさが違います。

 

寝る時に私は、肩こりに良いと言われているネックウォーマーをかぶって寝ています。

 

素材は薄いですが、やはり首は違いますね。

 

毛糸はやめた方が良いです。

 

木綿が良いですね。

 

そして、手首にも。

 

手首はだいぶ違います。

 

手の甲までの長さのあるものを着用すると違います。

 

手袋も手首まで来る長さのあるものが好ましいです。

 

足首も同じ。

 

レッグウォーマーも足首まで伸ばすと温かさが違います。

 

ちょっとしたことで温かさに差が出ますね。

 

腸までは温まらないと言われている腹巻はどうでしょう?

 

f:id:navimy:20160124193456j:plain

 

腸までは温まらなくても腹巻をするとお腹が冷えません。

 

夏の暑い時でもお腹だけは冷やさないようにと言われてきませんでしたか?

 

腹巻の効果

 

〇ダイエット効果

 

お腹が温まると代謝が活発になってきます。

 

お腹が冷えているとと痩せにくいの逆ですね。

 

子宮も冷えている、冷えが原因で生理不順、血行が悪くなっている。

 

子宮は冷やしちゃいかんと、妊活したい人は腹巻をしている人が多いのです。

 

日常的に腹巻をしていることで何か良い効果をもたらせてくれるのでしょう。

 

しかし、腹巻だけでは弱い・・・腸を温めることによって身体の不調も改善されます。

 

腸を温める食べ物や飲み物を摂取する事は難しい事ではありませんね。

 

〇冷え体質改善

 

腹巻を日常的に使うとかなり冷え体質は改善されます。

 

芸能人の中でも女性タレントがけっこう愛用しているそうです。

 

妊活をしている芸能人も腹巻をしていたと言うことです。

 

腹巻をずっとしていたので冷える事は無かったそうです。

 

お腹が大きくなっていきますので、妊婦さん用の腹巻に移行していきますが出産後も腹巻はし続けた方が良いです。

 

骨盤が広がっているので、コルセット型が良いですね。

 

なにしろおなかを温めると言うことは血行が良くなるだけではなく、臓器全体を冷やさないので体調にも良いですし、産後のダイエット効果もあります。

 

腹巻をプレゼントにすると喜ばれる

 

もしかしたら腹巻をプレゼントしてもらった女性はほとんど嬉しいのではないでしょうか。

 

一昔前はおばちゃんの下着売り場にしか売っていなかった腹巻。

 

今はニット系でも、木綿系でも可愛らしいキュートな腹巻がいっぱい店頭に並んでいます。

 

と、言う事は腹巻女子がたくさんいると言うことです。

 

日中出かける時は薄手の腹巻、寝る時は厚手の腹巻などTPOを考えて着用しても良いですし、骨盤を矯正するためにコルセットを付けるのも良いですね。

 

妊活中、妊娠中は特にそういったコルセットが売られています。

 

かなり売れているようです。

 

腹巻はおなかを温めて妊活する人にも最高ですね。