妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

癌治療をしながら仕事が出来る社会に!

癌になって会社を退職することになった現実

 

がん退職しないで済む社会に 医師と企業連携など対策へ

 

癌と診断されて、退職せざるを得ない人が3割強いると言うことがヤフーニュースで取り上げられていました。

 

以前から癌と診断されて仕事が休みがちになり休職後に退職するすることはやむを得ないと辛い現実を抱えている人は多いと聞いていました。

 

この度癌と診断されても働き方を柔軟に会社側は受け入れられるよう厚生労働省から指針が出されました。

 

癌と言われた患者側だってできれば仕事を辞めたくはないのです。

 

 

  会社員やOLが癌と言われた場合

 

 会社員や、OLが癌と診断されたらまず最初に大丈夫なんだろうか?

 

自分は死んでしまうのか?

 

私の友人や身内にも癌経験者は何人かいます。

 

癌なんて自分には全く縁がないと思っていてもそれは突然やってきます。

 

病院からどうやって家までたどり着いたのかわからない。

 

頭が真っ白になって、ぼわ~っと心臓が息苦しくなって・・・

 

私の夫はスキルス性胃癌でした。

 

 癌告知されて

 

夫は元々ネガティブではなかったので、100%治ると思っていました。

 

それは今から10年ちょっと前のこと。

 

癌=死と言うイメージも薄れてきましたから。

 

切るよ~。入院して手術だって!!

 

仕事は経営者でしたので会社に行かなくてもとりあえずはいなくても何とかなりました。

 

退職を促されると言うこともないのです。

 

治療で会社を休まれてばかりじゃ困るとあからさまに言われたら・・・

 

迷惑がかかるからやめるしかないのか?

 

癌と告知をされたばかりの時は仕事の事よりもショックが大きい。

 

やがて、自分の癌の程度が医師により告げられて癌と言うものはステージがあり、追加治療が必要な人と手術で患部を切除してしまえば終了の人もいます。

 

 治療すれば普通に生活している人もたくさんいると言うこと。

 

早めに癌がわかった人、自覚症状があって病院に行ったときにはもう末期の人・・・

 

残念ながら早期ではなく自覚症状はかなりある場合、生活にも支障があります。

 

そうなったら仕事よりもまずは自分の健康が第一です。

 

免疫力を付ける事を第一に考える事ですが、癌の治療もしながら仕事も出来る癌患者は実はたくさんいるのです。

 

通院で放射線や抗がん剤等の治療を受けている人もいます。

 

治療中は体調がすぐれないため、仕事はとても出来ない・・・

 

でも、そんな日ばかりじゃありません。

癌治療をしながら仕事を出来る社会に f:id:navimy:20160126193416j:plain

厚生労働省は、がん患者らが仕事と治療を両立できるような対策を始める

 ■指針に盛り込む主な内容

・治療と仕事の両立に向けて休暇制度や短時間勤務の活用を企業に促す

・主治医と企業が情報をやりとりしやすいように文書の様式例を示す

・企業が社員から相談された場合の対応の流れを示す

  厚生省がこのような癌治療をしながら仕事が出来るよう指針を作りました。

 

 もしも癌と言われて安心して仕事をしないで生活が出来ますか?

 

疾病の為の休職届を出せば一年半まで会社を休むことは出来ます。

 

その間多少なりともお金は出ますし、一年半で完全復帰出来れば良いですが・・・

 

経過観察や、治療が長引くこともあります。

 

今までのようにフルタイムでめいいっぱいは働けないかもしれない。

 

一年半休んだだけで健康の人と同じような完全復帰は難しい人もいます。

 

癌であっても仕事は続けたいと思っている人それは生活のためにお金が必要だから。

 

病気のために今までと違った環境になりたくないから。

 

生きがいのためにはずっと仕事を辞めずにいたいのです。

 

仕事をまったくやめてしまったら・・・

 

退職金でしばらくは生活は出来たという人もいます。

 

自分の病気で仕事をやめてしまった場合は今度は経済的な不安がかかってきます。

 

ゆっくりとお金のことを考えずに治療なんてできません。

 

お金大丈夫か?

 

病人でありながら生活の事が心配でならない・・・

 

免疫も下がってしまい、ますます病状は良くなる気配がやって来ないなんて事も考えられるのです。

 

それなら企業側で短期間勤務などを考えてくれないかとの案が厚生労働省から出ました。

 

病気になっても働きたい人はたくさんいますし、企業側だって戦力はいなくなったら困るはずです。

 

病気の為、長時間は働けないが短時間労働でも受け入れる会社側の姿勢があったら!

 

癌になっても働きやすい環境を企業側が提案をし、お金の事は心配せずに仕事をしながら治療も出来る環境になる事が必要だと言うことになりました。

 

治療でフルタイムでは働くことをあきらめかけた癌を患った人も厚生省からの指針は嬉しい内容だと思います。

 

提案だけで終わらずに癌治療をしながら仕事が出来る社会になるよう願っています。