妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

青汁は花粉症やアレルギー改善に効果ありますか?

 花粉症にも青汁をおススメ

 

くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、耳や喉の奥までかゆくなる…そんな症状で春の訪れを感じる・・・それがにっくき花粉症ですね。

 

本来喜ばしい春の訪れが、花粉症を患う人にとっては、非常に憂鬱な季節の到来へと変わってしまいます。

 

春のスギ花粉だけではなく、ヒノキやブタクサ、シラカバ、イネ科植物、ヨモギなど、様々な植物に対するアレルギーで、1年中花粉症に悩まされる人も少なくないようです。

 

つらい花粉症やアレルギー鼻炎やアトピーなどの各種アレルギーなどで悩んでいる方に青汁をお勧めしたいと思います。

 

花粉症やアレルギーのメカニズムとは? 

 

花粉などのアレルゲンは、鼻に入り込むと粘膜にくっつき、のどに移動して呑み込まれたり、せきやくしゃみと一緒に出されたりして、通常なら何の悪影響も与えません。

 

問題は、花粉に含まれているタンパク質です。

 

花粉症やアレルギー患者の免疫系は、特定の種類の花粉のタンパク質を脅威と認識します。

 

体が反応して、体組織にある肥満細胞がヒスタミンを過剰に放出します。

 

ヒスタミンは血管を広げて、血管の透過性を高めるので、免疫細胞を大量に含む液体が血管からしみ出します。

 

通常なら免疫細胞は、傷ついた部位に移動して、有害な侵入者(バイ菌など)を体から取り除く働きをします。

 

でも、花粉症やアレルギー患者の場合、間違って体内から警報が発令されて、侵入者(アレルゲン)を体内から出そうとするのです。

 

それが鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状となって表われます。

 

f:id:navimy:20160201155502j:plain

 

鼻水、鼻づまりは良い仕事をしてくれているんです!

 

青汁が花粉症やアレルギーに効果があるのは本当?

 

最近、「花粉症やアレルギーに青汁がよい」という方が増えてきました。

 

特に、薬を飲むことができない妊婦さんや、お子さん、お年寄りでも花粉症やアレルギー対策ができるということで、花粉症が発生する時期よりも前に青汁を飲み始めたり、アレルギー体質改善のために、毎日青汁を飲んでいるという方も増えているようです。

 

花粉症やアレルギーは免疫系が、間違ってアレルゲンを脅威とみなすことから生じていますから、免疫力を高めることでつらい症状を改善できます。

 

青汁には当然、食物繊維が豊富に含まれていますから、腸を健康に保ち免疫力をアップさせることができます。

 

人間の免疫細胞の80%は胃腸にある、といわれていますので、腸を健康に保つことで免疫力を回復させることができるのです。

 

一時期は、免疫力を高めるために、カスピ海ヨーグルトで腸内バランスを整えて花粉症を治す、という健康法が流行ったのもそのためです。

 

薬によって症状を抑える、ということではなく、免疫力を上げて様々なアレルゲンや病気に対する抵抗力をつける方が、長期的に考えると、より体に優しく、根本的に解決できる対処法なのです。

 

また、青汁に含まれているカロテンは鼻や喉の粘膜を強くする働きがありますし、ミネラルは毒素を排出したり免疫力を高めるのに効果があります。

 

さらに、最近ではビタミンDの欠乏によって花粉症などのアレルギー反応がひきおこされるらしいことも分かってきていますが、青汁で食事では十分な量を摂取することが難しい各種ビタミンを手軽に補うことができます。

 

青汁は、誰でも手軽に飲めて、しかも免疫力や抵抗力を高めることで体質そのものを改善するのに役立ちます。

 

市販の薬と違って、飲むと眠くなったり、喉が渇いたりする副作用がないのも安心です。

 

ただし、青汁は花粉症やアレルギー改善に効果があると言われても市販薬のような即効性はなく、飲み続けることで効果が現れるので、症状が現れる前に予防として早めに飲み始めるほうがよいようです。