妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

なぜそんなに青汁は人気なの?

 青汁のイメージはおいしくないと言う事かも?

 

ひと昔前までは「まずくて飲みづらい」、そんなネガティブなイメージが強かった青汁。

 

「まずい!もう一杯!」と八名信夫さんがCMで言ってしまうほど、昔の青汁はおいしくはなかったのでしょうね。

 

あれは八名さんのアドリブでの発言がそのままCMに採用されたんだそうです。意外ですよね。

 

さて、この青汁ですが、いま空前の人気を集めています。

 

なぜ青汁がそんなに人気を呼んでいるのか、これから探ってみることにしましょう。

 

 青汁は不足した野菜を補う手段

 

現代の日本人の食生活はとかく野菜が不足しがちで、野菜不足や運動不足に起因する高血圧や糖尿病といった生活習慣病のリスクが高まっています。

 

そのことは認識しているものの、これまでの食生活や生活習慣を変えるのは意外と大変なものです。

 

「美味しいものも食べたいし、お酒だって飲みたい!それを我慢してまで健康にならなくても…」

 

f:id:navimy:20160201162455j:plain

 

そう思う人も中にはいるのではないでしょうか。

 

こうした日本人の生活習慣病への不安と困難な食生活の改善を背景に、青汁は手軽に不足した野菜を補う手段として人気を呼ぶようになりました。

 

推奨される1日の野菜摂取量は350グラムですが、これだけの量の野菜を摂取するのって結構大変なんですよね。

 

青汁にはビタミン・ミネラル・食物繊維や赤ワインにもチョコレートにも入っているというポリフェノールなど、たくさんの栄養が入っているのです。

 

ビタミン類は体調を整え、抗酸化作用による老化防止やガン予防、美肌効果も期待することができます。

 

また食物繊維には便秘の解消や大腸がんの予防効果があり、ダイエットにもなることから、青汁は絶大な人気を誇るようになりました。

 

クセがあって飲みづらいイメージがあった青汁ですが、大麦若葉や明日葉を原料とした青汁は飲みやすく、青汁初体験の人でも抵抗なく飲むことができます。

 

青汁は美味しくてお手軽な健康食品

 

スティック状の粉末タイプの青汁は持ち運びにも便利なので、好きな時に飲むことができます。

 

こうした手軽さからも、青汁に人気が集まるようになりました。

 

現代の日本人の食生活や生活習慣を考えると、青汁は日本人のニーズに素晴らしくマッチした理想的な健康食品ではないでしょうか。

 

そう考えると、これほどの青汁人気に納得いきますよね。