妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

ベビ待ち青汁妊婦にも青汁がおススメな理由は?

青汁は妊婦さんにおススメ

 

青汁は体に良い・・・なんとなくそんなイメージはありますが、実はベビ待ちのお母さんや妊婦さんにおススメな理由があります。


それは葉酸。

 

妊活している時から葉酸の重要さって知らない人はいないくらいですね。

 

1杯で180μgも含まれたものもあります。

 

(製品によって葉酸含有量は異なるので、必ず成分表示を確かめましょう。)

 

葉酸は何故、ベビ待ちさんや妊婦さんに必要なのでしょうね?

 

それは葉酸が入っている青汁の効果を知るとすぐに分かります。

 

 妊婦とベビ待ちの人には葉酸が必要


葉酸はホウレンソウの葉から採取、分離したことで明らかになったビタミンの一種です。

 

f:id:navimy:20160209105821j:plain

 

特に、細胞分裂に必要な栄養素で、妊娠初期には多く消費されます。


葉酸を摂取すると言う事は、赤ちゃんの脊椎の奇形を防ぐ効果がある。

 

厚生労働省は「妊婦とベビ待ちの人は1日400μg摂取しましょう」と薦めてしています。


なんでベビ待ちさんも?と思うでしょう。

 

それは「葉酸は妊娠初期にこそ必要な栄養素」だからです。


妊娠が分かるのは、早くて4週目、通常は5週目以降です。

 

この間こそ一番大事な時期で、爆発的な細胞分裂が始まり葉酸がたっぷり消費されます。

 

しかし、いつ赤ちゃんが授かるかは誰も分かりません。


だからこそ、ベビ待ち期から葉酸を摂取しておきたいですね。

 

ベビ待ちさんや妊婦さんには飲みやすい葉酸が入った青汁こそおススメです。

 

葉酸を食品から摂る

 

葉酸はイチゴやブロッコリー、青菜、レバーなどに多く含まれています。

 

しかし水に溶けやすく熱にも弱いため、食品だけで摂取するのは大変です。


唯一、イチゴだけは簡単に葉酸が摂取できますが、食べられる時期は限られています。

 

冷凍イチゴならいつでも食べられますが、海外産が多いので残留農薬が心配。


その点、青汁は無農薬で栽培しているものが多く、農薬の心配がありません。

 

しかもサプリメントのような化学合成ではなく、天然の葉酸です。


葉酸は天然でも合成でも効果は同じという説もありますが、出来れば体に入れるものはできるだけ自然に近いもののほうが安心できるでしょう。


サプリメントには抵抗がある方でも、青汁なら簡単に飲めます。

 

1杯180μgの葉酸が入った青汁なら、たった2杯半で必要量を摂取できます。

 

ベビ待ちさんや妊婦さんにはおススメの青汁を是非始めてみましょうね。