妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

不妊症の原因は男性も女性も同じく半々、不妊はどんな理由があるのか?

不妊症の男女割合は?

 

不妊症の原因は男女ともに半々です。

 

原因不明も1割ほどあります。

 

その原因不明もよくよく検査をしてみたら夫婦間の免疫の相性が良くないことがわかる場合もあります。

 

抗核抗体が高いとリンパ球移植をすると妊娠することもあります。

 

今通っている病院が検査を詳しくやらない、病院との相性が良くない場合はセカンドオピニオンをしてみてもらうのが良いですね。

 

 何故不妊症に?

 

今は結婚生活を普通に1年過ごしても妊娠しない場合は不妊症と言う定義づけになりました。

 

1年で妊娠が80%

 

2年経過すると90%

 

残りは妊娠しにくい夫婦と言う事になります。

 

子宮内膜症、ポリープ、精神的なストレスや食事、運動等が原因だとされています。

 

原因がわからない。

 

男性側の精子の異常。

 

精子が少ない、無精子症などもあります。

 

検査をするなら夫婦一緒にやらないと意味がありません。

 

 

通院するのはほぼ女性。

 

不妊症外来に行っても女性が大半で、その中に男性がいる場合は初回に精子の検査をする場合やタイミングを見計らって夫婦で来院している場合です。

 

男性側に不妊の原因があっても女性の方が注射をうって通院します。

 

顕微授精を頑張ったり身体に負担をかけるのはいつも女性。

 

それでも、一緒に不妊治療の病院に行ってくれない夫もいるそうです。

 

f:id:navimy:20160414205834j:plain

 

それじゃ、もともと不妊症だったり男性側に原因があったら中々上手く妊娠できません。

 

不妊は夫婦で治療する

 

女性は35歳過ぎるとぐんと妊娠しにくくなると言います。

 

もし、若い段階でも夫婦の生活が長く妊娠していない場合は不妊症の確率が高いので不妊治療の準備はしていた方が良いですね。

 

女性ばかり通院していても男性のはっきりとした不妊の原因がわかる場合もあります。

 

「睾丸委縮症」です。

 

精子を健康に保つ能力があまりないのです。

 

いわゆる精子の機能低下ですので、子供を望んでいる場合は外科的治療が必要です。

 

それによって改善される場合も多いとの事です。

 

不妊症の原因は男性も女性も同じ半々だと言う事がわかりますね。

 

女性の明らかな不妊の原因

 

生理不順はありませんか?

 

もし、生理不順の場合は排卵していない場合もあります。

 

排卵していなかったら妊娠もしませんので、不妊ホルモンの検査などをし治療をしていく必要があります。

 

ホルモンの薬や注射をして排卵を起こさせていきます。

 

治療以外にも不妊の原因を自分で排除できるものもありますね。

 

高齢で不妊の方もいますが、50歳でも生理があり排卵していれば妊娠は可能です。

 

ただ高齢だと卵子は老化していますので、不妊治療をしていく場合が多いかもしれません。

 

新宿のある有名な不妊専門のクリニックでは40代とみられる女性が朝の7時半頃からたくさん来ていると言う事です。

 

芸能人もこちらで不妊治療をして妊娠出産したと言う事でも話題になりましたが、排卵誘発をさせるのではなくて卵は優秀なのが1個取れればその方が良いと言う考えのクリニックです。

 

体外受精も普通だったら麻酔をしてやるのに、こちらは自然で麻酔もせずに。

 

でも、痛くないそうですしこちらのクリニックでは妊娠の確率もかなり高いと言う事で新幹線や飛行機に乗って遠くから通ってきている人も結構いるとの事です。

 

不妊治療をしている方だったら知っていると言う人もかなりいそうですが、新宿の加藤レディスクリニックです。

 

妊娠成功の確率が高いクリニックは遠くから通ってくるほどの人気な理由と言うのはわかりますね。

 

どちらにしても不妊症の原因は男性も女性も原因は半々ですし、検査は夫婦そろってしないと原因もわからずじまいですね。

 

最初は必ず夫婦で検査をすることをおススメします。