妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

妊娠している時のアルコールと夫のたばこは早産、死産、心臓に欠陥の心配が。

妊娠中のアルコールはいけないのはなぜ?

 

まずは胎児に良くありません。

 

発育不全や脳に欠陥があって生まれてきたり、未熟児で生まれてくる可能性もあります。

 

せっかく生まれてきた赤ちゃんなのに、母親がアルコールを飲んでいたと言う理由で胎児には様々なリスクを伴うのです。

 

何ていったって、母親がお酒を飲んでいる時は胎盤にダイレクトにいきわたり赤ちゃんがお酒を飲んでいる状態になっているのです。

 

 母親の飲酒で子供は一生知能遅れのレッテルを張られることもある

「胎児性アルコール症候群」と言って、母親の飲酒が原因で知能が普通の子供よりも劣ってしまうのです。

 

たった10ヶ月の母親のアルコールが子供にとっては一生知能の遅れが付いて回るのは悲しいですね。

 

一滴でもお酒を飲むとそのようなリスクがあるわけではありませんが、やはり飲まない方が賢明ですね。

 

車で運転している人が良くアルコールの代用として飲むのがノンアルコールのお酒ですが、これもたくさん飲むと普通にお酒を飲んでいるのと同じ症状になりかねないとの事です。

 

妊活中ももしかしたら妊娠初期かもしれないので、注意が必要です。

 

絶対に妊娠していないと言う状態で少量のお酒を飲むならまだ良いかもしれませんが、妊娠初期の飲酒は胎児に危険です。

 

妊娠初期は胎児の臓器が出来上がっていく過程です。

 

現に親の飲酒が原因で生まれてきてから心臓に穴が開いていて生まれてから手術を数回経験した人も中にはいますので。

 

妊娠中にアルコールを飲んでいた結果

 

私の知り合いは妊娠中にはタバコこそすいませんでしたが、お酒は飲んでいたと言う事でした。

 

お酒はまで神経質にはならなくても良いと思っていたのに・・・

 

発達障害の子供が生まれてきました。

 

近い将来普通学級には通えないと言う事がわかりました。

 

自分が妊娠中に、アルコールを飲んでいたために・・・

 

と、自分を時々せめています。

 

アルコールを飲んだ後に妊娠していることが分かった場合

 

まさかの妊娠、アルコールを一杯飲んでいたあのときはすでにお腹の中に赤ちゃんがいた!

 

アルコールを飲んだことに心配していても立ってもいられないですね。

 

産婦人科に相談してもきっとこういった答えだと思います。

 

「お酒を飲んでしまったのはしょうがない、そのために出産をあきらめると言う事もナンセンスなので飲んでしまったのは仕方がないこと、それよりもお酒を飲んだことをいつまでも気にしすぎてストレスを抱える方がお腹の赤ちゃんには良くないこと」

 

f:id:navimy:20160427173150j:plain

 

きっとそういうと思います。

 

妊娠しているのを知らなくて頭痛の時に鎮痛剤のロキソニンを飲んでしまった!

 

そんな妊婦さんにも同じような答えでした。

 

妊婦自身と夫のたばこの副流煙の危険性

 

お酒がダメならタバコはもっと妊婦さんには危険です。

 

実際に自分が吸わなくても副流煙があり、意外と広い範囲でたばこの煙は行き渡っています。

 

そんな煙草の煙を知らず知らずのうちに妊婦さんの身体の中に入り、胎児に悪影響を及ぼしていきます。

 

妊活中ももちろん夫には近くでは吸わないように言いましょう。

 

なぜなら副流煙によって不妊症の原因になる恐れがあるからです。

 

もし、妊婦さんが吸わなくても夫や一緒に同居している人がいたらタバコは出来ればやめるように言った方が良いですね。

 

流産、早産の他に子宮がん、先天異常、低体重など心配な面がたくさんあります。

 

妊娠中にタバコを吸っている妊婦さんはおそらくいないとは思いますが・・・

 

ニコチン、タールなどの有害物質だらけのたばこは妊婦さんがいなくても身体には良いことはなさそうです。

 

そして、タバコを吸っていたり受動喫煙のような副流煙でも生まれてきた子供は色々なリスクを抱えてい来ることにもなります。

 

妊娠している時のアルコールとたばこは本当に妊婦さんには危険ですね。