妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

妊婦、血管浮き出る!膝とももの裏のボコボコはマッサージして良い?

妊娠後期に多い脚の血管ボコボコ状態はいったい治るのか?

 

私の娘は今から一か月前の妊娠6か月の後期にさしかかる頃から膝の裏からももの裏、おしりにかけて血管がかなり浮いてきました。

 

もうボコボコです。

 

血管が太くなって、かなりみみずばれに膨らんでいます。

 

ふくらはぎは脚のももの裏ほどではありませんが少し血管が目立ってきています。

 

むくみもひどく脚全体が疲れやすくなってきました。

 

いつもの産婦人科に行きましたが、静脈瘤は担当外なので専門の病院に行くなりしてください・・・

 

え~?

 

で、手術することになりました。

 

 静脈瘤の専門の病院へ行ったら・・・

 

いつもの産婦人科じゃわからないと言われ、産婦人科のナースも「マッサージはしちゃだめよ!」と。

 

担当外じゃしょうがないかと、静脈瘤専門の病院に行って診てもらいました。

 

「ん~、けっこう出来てるねぇ。こりゃ手術だね!」

 

なんてこったいです。

 

あまりにも簡単に手術って言われてしまいました。

 

必要のない血管が出来ているからですって。

 

これはレーザーで焼切るのでしょうね。

 

考えるだけでもひぇ~って感じです。

 

今はおしりまで蒙古斑みたいに青くなってしまいました。

 

さすがにこれはどうしようもないことですが、出産すると多少は静脈瘤は静まるそうです。

 

出産してみなくてはわかりません。

 

たぶん、うちの娘は手術でしょう。

 

けっこうひどいほうだと言われましたから。

 

妊娠中の静脈瘤の予防

 

妊娠7カ月に入った私の娘のももと膝の裏の静脈瘤は、その少し前まで気が付かなかったほどです。

 

たぶん、急に静脈瘤が目立つようになったと言う感じです。

 

最初はむくみが辛いな、ふくらはぎが痛いなと思っていたら静脈瘤がこんなに出来てしまった!

 

妊娠中の皆様は出来ればこんな副産物はいらないですよね。

 

f:id:navimy:20160526002629j:plain

 

妊娠中に静脈瘤にならないように気を付けるために予防しておいた方が良いですね。

 

いくつか方法があります。

 

〇 まずは太らない事です。

 

かと言って娘はそんなに今のところ体重はそこまで増えていませんが・・・

 

〇 長時間の座りっぱなし、立ちっぱなしもよくない。

 

エコノミー症候群のような状態になる事を避ける。

 

〇 緩めの服を着る

 

〇 運動、とくに歩くことを心掛ける

 

〇 静脈瘤が少し出てきたと思ったら着圧式のタイツを履き、それ以上ひどくならないようにするのがよいのだそう。

 

〇 マッサージは静脈瘤のある部分にはしない。

 

私は静脈瘤が出ていない箇所、張って痛いけど静脈瘤は出来ていないふくらはぎをオイルをつけてマッサージをしてあげています。

 

少し楽だと言うので、ふくらはぎのむくみや張りには効果があるのだと思います。

 

血液の量が妊娠中は多くなっているので、血液の流れが滞らないようにしないとならないですね。

 

それにはウォーキングをすることが効果的。

 

静脈瘤が出てきてないのでしたら、マタニティトリートメントで血液、リンパの流れを良くするのも妊娠中にはとても良いことです。

 

マタニティトリートメントは妊婦さんにトリートメントマッサージが出来るちゃんと勉強をした人に施術してもらわないと危険です。

 

妊婦さんになると全体の20%近くが静脈瘤に悩まされると言う事です。

 

その中でも軽い人はお産が終わったらだいぶ浮き出た血管は消えていくそうです。

 

重い場合の妊婦さんは血管がかなり浮き出て膝の裏、ももの裏に静脈瘤が出やすくひどくなる場合があります。

 

予防はしていたいですよね。