妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

お腹温める 飲み物は?

お腹を温める飲み物を飲むと実に身体に嬉しいことばかりですね。

 

妊娠したい女性も、妊活始めたらお腹を温める飲み物を積極的に飲むと良いです。

 

また、風邪が流行り出す冬の初めの頃もお腹を温める飲み物を飲んでいれば風邪も引きにくくなります。

 

お腹を温めるとは、腸そして身体を温めると言うことなんです。

 

温かい飲み物は全てお腹を温めると言うことではないのでそのあたりについて触れたいと思います。

 

 お腹を温める飲み物とは?

 

温かい飲み物でも、身体を冷やすものがありますのでお腹を温める飲み物はどんな飲み物があるのか知っておくと良いです。

 

その前にお腹を温める飲み物を飲むと何が良いのか知りたいですよね!

 

腸が温まると免疫力が強くなり、抵抗力もアップし病気に対しての抵抗力も強まります。

 

お腹を温める飲み物を飲むと妊娠力も上がると言います。

 

腸を温めて、免疫を高めるにはどんな飲み物が最適?

 

お腹を温める飲み物とは?

 

王道は生姜でしょう!

 

生姜の飲み物はドリンクだけではなくスープにも入れることが出来ますね。

 

毎日の食卓の中に自然に摂りいれる事だって出来ます。

 

お味噌汁の中に毎回入れて飲む人もいます。

 

慣れてしまえば生姜なしのお味噌汁が飲めなくなるくらいやみ付きになります。

 

私は野菜スープをダイエットと身体のためによく作ります。

 

野菜をどっさり入れるんです。

 

もちろん生姜もたくさん。

 

オリーブオイルで生姜の千切りを入れて少し炒めたら、玉ねぎ、にんじん、ベーコン、コーン、キャベツをどっさり入れます。

 

f:id:navimy:20161106164214j:plain

 

時にはにんにくも入れます。

 

にんにくも免疫が高くなり、腸も温めます。

 

にんにくは冷え症改善になりますし、がん予防になりますね。

 

疲れにも良いとされています。

 

疲れると免疫が下がってしまうと色々な病気も引き起こします。

 

インフルエンザやノロウィルスが流行る時期でも、免疫を高めていれば感染しにくいと言われています。

 

お腹を温める飲み物は妊活の女性にもダイエットをする人にもどんどんおすすめしたいです。

 

香味野菜は腸を温め冷え症改善

 

香味野菜は大量には食べられませんが、出来れば毎日継続して食べた方が腸は温まります。

 

毎日摂れる食べ方を知ることも大事ですね。

 

大量に食べられない香味野菜をどうやって食べるか。

 

毎日食べる工夫は?

 

美味しく食べる方法は?

 

お腹を温めて免疫アップするのに、生姜ニンニクときたらお次はネギとニラです。

 

根菜類は身体を温めると言いますね。

 

旬のものを食べることも身体には良いと言われていますので、冬寒い時期だったらその時に旬なものを食べれば身体は温まりそうです。

 

夏の旬のものだったら、身体を冷やすことが多いので気を付けてくださいね。

 

ニラも身体を温めます。

 

ネギ、ニラは冬だったらお鍋によく登場しますよね。

 

ごぼうもお腹を温めますね。

 

私はごぼうや人参、玉ねぎなどの根菜類ととベーコンのスープを作りますがとても美味しいですよ。

 

もちろん、生姜もにんにくもいれて。

 

スープは毎日作らない方でも、お味噌汁に入れたり。

 

f:id:navimy:20161106164422j:plain

 

紅茶に入れて生姜紅茶にして飲むのも良いですね。

 

ホットミルクは飲んでいるとあたたかくなりそうですが、実は乳製品は身体を冷やします。

 

先ほどの野菜スープに最後チーズをのせて食べると美味しいのですが、チーズも乳製品ですので大量に食べたら腸が冷えてしまいます。

 

身体を冷やすと思っても食べたい!

 

そんな場合はほんの少量で我慢ですね。

 

毎日のお腹を温める飲み物、食べ物を摂っていれば免疫が強くなり自然と丈夫な体にもなりそうです。

 

生姜焼きに入れる生姜は私は千切りにしてたくさん入れます。

 

お腹を温める食品を美味しく自然に摂れれば一番良いですね。

 

妊娠したい女性ももちろん、お腹を温める飲み物を飲んで食べて健康を維持したいですね。