妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

産後のお腹の脂肪を除去したい簡単な方法とは?

産後はお腹がぽよぽよになりますよね。

 

出産してからすぐに元のスレンダーな体になる人もいますが、中々お腹は柔らかいままで悩んでいる人も多いですよね。

 

産後は体重もまだ戻っていない。

 

お腹だけポッコリ。

 

お腹に付いた脂肪を早く落としたい場合は?

 

 産後のお腹の脂肪は食事と腹筋

 

体重が増えた人は体重を落とすのが大変なんです。

 

私は25キロ増えましたから、周りからこりゃ大変だと思われました。

 

でも、割とすぐに元通りになりました。

 

と、言うのは若かったためです。

 

20代前半で子供を二人出産しましたから、代謝も良かったんです。

 

それが35歳過ぎるころだと、やはり代謝は少しずつ悪くなってきます。

 

その分、20代よりも食事内容に気を配ったりしなければなりませんよね。

 

お腹の脂肪を減らすにはまずは食事です。

 

1日3食基本です。

 

1日1食で良いと言っている人もいますが、3食バランスよく食べた方が痩せやすいです。

 

食事回数が少ないと、筋肉が落ちてきます。

 

筋肉が少なくなるとますます代謝が悪くなってきます。

 

筋肉があるからこそ、カロリーを燃やして食べたものが消化されやすくなっているのに、食べないから筋肉が落ちた分代謝が減ってきてしまうんですよね。

 

噛んで食べると言うこともカロリー消費します。

 

お肉、魚、豆類などのたんぱく質は産後は特に意識して摂ることがダイエットにも産後の回復にも良いでのです。

 

腹筋は出来る人だけで大丈夫。

 

無理すると良くはありませんので、普通に3食たんぱく質を必ず摂って食べていれば自然と痩せます。

 

25㎏太った私がそうでしたから。

 

普通に3食食べて、歩いていれば痩せるんだと思いました。

 

産後痩せない理由は

 

同じ様な年齢でも肩や元の身体に戻って、自分は中々痩せないと言う人もいます。

 

多少の遺伝性体質もありますが、若いので十分ダイエットを心掛ければ痩せて行きます。

 

ダイエットを心掛けると言うことはやはり一番は食事ですね。

 

f:id:navimy:20161226012931j:plain

 

代謝が悪い体質だったら、代謝を良くする身体に持っていけばよいのです。

 

腸内環境が大事です。

 

消化の悪いものをいつも食べていたら中々痩せませんね。

 

特に小麦。

 

ケーキはもちろん、パン、パスタ、色々美味しいものがありますが、産後数か月は少し小麦で出来ている粉物類は減らすと体重も落ちて行きますよ。

 

そしてお腹を温めること。

 

 

身体が温まれば、代謝も13%アップすると言われています。

 

妊娠時の体重が多いと出産後が大変

 

小さく生んで大きく育てると言うことが基本に言われている妊婦さん。

 

出産時に7~8㎏増えただけなら、出産後のダイエットも割と早く予定通りになる事が多いですね。

 

赤ちゃんと羊水もろもろ合わせてもそこまで行かないので、多少余計な脂肪が付いたと言うことです。

 

でも、合計7~8㎏なら妊娠線もあまり出ない場合が多いですね。

 

体重が増えすぎると皮膚が追い付いていかなくなり、妊娠線も出やすいですし。

 

私のように25㎏も増えた方は、3食きちんと食べて粉物を少し控えて腸を温める飲み物を飲んでいつも身体はぽかぽかでいましょう。

忙しい朝は?

グラノーラもダイエッターの味方です。

 美味しすぎるグラノーラ

 美しく痩せたい女性に大人気です!

   ↓↓こちらからどうぞ♪