妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

妊娠糖尿病にならないための妊婦の糖質制限

今までに血糖値で引っかかったことがない人でも、妊娠中に血糖値が高くなってしまうこともあります。


2人目の妊娠であっても1人目が大丈夫だったからといって安心していると危険です。


妊娠糖尿病にならないように予防するには妊婦さんの糖質制限がかなり重要になってきます。

 

では、糖質制限は具体的にどのようしたらいいのでしょうか?

 

  

妊娠糖尿病にならないためにすること


糖尿病と聞くと太っている人、甘いものを食べ過ぎてしまう人、塩分の取り過ぎな人がなると思っていませんか?


妊娠糖尿病は痩せている妊婦さんでも、甘いものが苦手な妊婦さんでも発症してしまう可能性があります。


妊娠中に糖尿病になってしまった後では、食事療法や運動療法で改善をはかっていくので発症しないように予防をすることが大切です。


昔の食事に比べて妊婦さんと言わず、誰でも脂肪分が多い食事や糖質が多い食事を取ることが多くなってきてます。

 

妊娠する予定がある場合、妊活している女性は特に糖尿病にならないようにすることが大切です。


妊娠したときのホルモンの影響で糖尿病になってしまうこともありますので、気を付けていても不安ですよね。

 

食事だけに気をつけていても発症してしまうことがあるのが妊娠糖尿病なんですよね。

 

妊婦さんは糖質制限をすることで糖尿病にならないように予防できる


糖尿病になる前であれば極力糖質をカットするといったことが効果的です。

 

なって身体と厄介ですから、予防第一ですね!


糖質過多となると太り気味になってしまう可能性もあるので、妊娠した時は体重管理の一環として糖質制限をする必要もあります。

 

妊活中から糖質制限はやっておいた方が安心かもしれませんね。


また、エネルギーとなる糖質の半分くらいの摂取に糖質制限をすることで、糖尿病にならないように予防することも可能です。


糖質制限のポイントはご飯やパン、麺類などの食べ過ぎに注意して、1食あたり半分くらいを目安に食べるようにしましょう。


おかずや野菜をたっぷり摂取することも大切ですが、揚げ物や脂っこい食べ物、脂質が多い味付けなどは控えるようにしましょう。

 

普段のおやつはどうしてますか?

 

おやつもドーナツやケーキは食べ過ぎは危険。

 

粉物もそうですね。

 

美味しいお好み焼きやたこ焼き、天ぷらも小麦粉をけっこう使ってますよ。

 

もしパスタを食べたいならグルテンフリーで、キャベツ沢山入れて食べる分には良いですね。

 

根菜も糖質が高いのがあります。

 

f:id:navimy:20161125145035j:plain

 

イモ類は避けた方が良いですね。

 

野菜なら?

 

きのこが良い!!

 

葉物が良い!

 

アイスクリームを食べたくなったら?

 

氷果のものならまだ良いそうです。

 

カップの中に入っているかき氷やガリガリ君なら、普通のアイスクリームのようなクリーム状のものよりは安心です。

 

ソフトクリームも出産後まで我慢?!

 

たまには良いんじゃないの?

 

と言うのは、妊娠糖尿病になっていない妊婦さんです。

 

もし、妊娠糖尿病になってしまったら?

 

絶対に糖質が高い食べ物は禁忌ですね。


このように妊娠糖尿病になる前に予防をすることで、元気な胎児を育てることが出来るようになります。


また、母子ともに健康で妊娠中を過ごしたいのであれば、糖尿病にならないように予防することがとても重要になります。

 

こちらもよろしくお願いします↓↓

妊婦糖尿病になった人の食事例と食事療法 - 妊活と健康