妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

.妊娠糖尿病の診断基準とインスリン投与

妊娠したことがきっかけで血糖値が上がってしまう人は少なくありません。


妊娠中に糖尿病を発症してしまう女性は、約12%で8人に1人が発症してしまう確率になります。


特に珍しい病気ではなく血糖値をコントロールできなくなることで発症してしまいます。

 

とは言うものの、ひどくなると早産の危険性もあり絶対安静で出産まで望む場合もあります。

 

妊娠糖尿病の診断基準とインスリン投与について触れて行きたいと思います。

 

妊娠糖尿病になってしまう診断の基準になるものとは?


妊娠糖尿病は妊娠中に血糖値が高くなってしまう現象で、その状態が続いてしまうこともあります。


妊娠中の糖尿病は判定される基準が異なるので、一般的な糖尿病には含まれません。

 

逆に、元々糖尿病の方が妊娠すると言う場合は最初からわかっているのでかなり食生活や自分の環境を考えないとリスクは大きい分大変です。


空腹時の血糖値が92mg/dlか、1時間後血糖値180mg/dl、2時間後血糖値153mg/dlのいずれかだと妊娠中の糖尿病になっていると判断されます。


この数値に当てはまらない場合は妊娠中の糖尿病ではないのでひとまず安心ですね。

 

妊娠糖尿病を食生活や運動で改善できない場合は?


妊娠中はついつい食べ過ぎてしまったり、お腹が重くてなかなか運動できない状態になってしまうことも多いです。


妊娠中に糖尿病になってしまった時は、基本的に食事療法や運動療法で改善をはかっていくようになっています。


ですが、これでも血糖値の数値が安定しない場合はインスリンを投与して、薬物による血糖値のコントロールを行っていきます。


血糖値が高いままだと胎児に影響が出てしまうので、早急に対策を取って血糖値を下げることが必要です。

 

自分で管理が出来ない場合等は血糖値が落ちつくまで入院することもありますね。

 

でも、かなり入院費もお高いので出来れば自力で血糖値を下げる工夫をした方が良いですね。


インスリンを投与するのは最終的な判断で行われます。

 

あまりにも血糖値が高すぎる場合は即座にインスリンを投与して治療を行っていくこともあります。


血糖値を下げないまま出産を迎えてしまうと、胎児に奇形や巨大児が生まれるリスクも出て来てしまいます。

 

巨大児といても4,000g位~ですが、奇形となったら親も子供も一生大変な思いをしてしまいます。

 

妊婦さんに多いポピュラーな病気と言えども、やはり避けたい病気には違いありませんね。


糖尿病になった後でも妊婦さんによっては症状が出てこない場合もあります。

 

実際に基準値を超えていても自分が糖尿病であると感じてないこともあります。

 

自覚症状としてはなんとなく、疲れがとれない。

 

身体が重いから!

 

でも妊娠しているし、これって普通なんだろうな!

 

喉が渇いているのも糖尿病の自覚症状の一つですが、これまた痛くもかゆくもないので見過ごしてしまう症状なんですよね。

 

f:id:navimy:20161128121615j:plain

 

妊娠糖尿病と下肢静脈瘤の関係

 

妊娠中期以降になるとわかりやすい症状としてむくみが出てきます。

 

妊娠糖尿病になると色々と症状に気が付く症状が出てくることも多いですね。

 

ふくらはぎあたりを押してみると、中々元に戻らない場合はかなりむくんでいます。

 

足がむくんでいる時には、着圧の靴下を購入する妊婦さんも多いそうですよ。

 

それだけでもむくみによる疲れはかなり軽減するのだそうです。

 

着圧式のソックスは膝までのものや、ももまで来るタイプが売っています。

 

むくむと、下肢静脈瘤になってふくらはぎや、モモの裏、お尻のあたりまで血管がボコボコになる事もあります。

 

だいたいは出産したら静脈瘤は落ち着くとは言われていますが、治らない場合はレーザーで血管を焼きます。

 

後が残りそうだし、痛そうです。

 
そうなると妊娠糖尿病以外にもやっかいなリスクもかかえますね。 

 

むくみもひどくなると、もう立派な妊娠糖尿病と診断されていることだと思いますが。

 

妊娠糖尿病と診断された場合、自分で一週間に2度ほど自分で血糖値を調べます。

 

自己採血は人によって痛くて嫌だと言う人もいれば、慣れたと言う人もいます。

 

痛さに敏感な人もいますね。

 

ほとんどが指に針を刺しての採血ですが、場合によっては手のひらや足の指にハリを指している人もいます。

 

痛くない方法は、少し強めに圧迫します。

 

圧迫する分、痛さも感じにくいそうです。


妊娠中はインスリンを投与しても効果が薄くなってしまう時期もあるため、早期発見で早めに治療を行っていくことが大切になります。

 

こちらも参考にどうぞ  ↓↓

 妊娠糖尿病になった人の血糖値を下げる食事とは?