妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

肥満な妊婦は妊娠糖尿病になりやすい。

妊娠中は血糖値を下げる働きをするインスリンが少なくなる傾向があるため、妊娠糖尿病という独特の病気になるリスクが高まります。


一般に肥満な妊婦は妊娠糖尿病になりやすいとされていますが、それははたして事実なのかを検証していきます。

 

肥満は妊娠糖尿病の原因?


妊娠糖尿病とは、妊娠中にはじめて発症、あるいは見つかった糖代謝異常のことを言います。


糖代謝異常とは、血糖値は基準よりも高いが、糖尿病と診断されるほどではない状態のこと。


糖尿病の前段階といえます。


一般に私たちが「糖尿病」と呼んでいる2型糖尿病の多くは、食生活の乱れやカロリーの高い食事を続けて肥満になることで発症するとされています。


妊娠糖尿病の場合も肥満は妊娠リスクとして挙げられるものです。

 

しかしそれだけが妊娠糖尿病の原因ではありません。


もともと糖尿病の遺伝体質であったり、35歳以上の高齢出産である場合も強く影響して発症する病気なのです。

 

妊娠当初からお腹がすきすぎて本能のまま食べていたら血糖値がものすごく上がってしまったと言う妊婦さんもいます。

 

一番勿体ですね。

 

回避できる条件はできるだけ避けたいですね。

 

どちらにしても肥満がもたらすことは怖いことに変わりはないのは確かです。

 

肥満だと血圧も高くなることも多いですね。

 

妊娠糖尿病もそうですが、昔から言われている妊娠中毒症言う怖い病気があります。

 

今でいう妊娠高血圧症候群です。

 

この病気は甘くみては非常に危険。

 

母も子も命が危ぶまれるからです。

 

未だに出産時に亡くなる妊婦さんもいます。

 

たかが妊娠されど妊娠?

 

そんなレベルではないですね。


肥満はインスリンの抵抗性を強めてしまいます。


やせていれば絶対安心というわけではありませんが、やはり肥満は妊娠糖尿病を悪化させる要因になるのです。

 

f:id:navimy:20161201192426j:plain

 

妊娠糖尿病検査と治療のあらまし


妊娠糖尿病は、初期の段階で食前食後を問わずに行う「随時血糖値」の検査を行います。


この数値が基準値を超える場合や妊娠中に血糖値が上昇しやすい体質の方は75gのブドウ糖が溶けた水を飲む「75gブドウ糖負荷試験」を行うことになります。


もしそこで妊娠糖尿病と診断されたら、運動と食事療法で血糖値をコントロールするよううながされます。


しばらく食事療法と運動を続けていても血糖値に良い影響が出ないなら、インスリン注射をする、もしくは医師の指導により管理入院をすることになります。


妊娠糖尿病と肥満の関連性について検証してみると、やはり肥満は妊活中から気を付けておく必要がありますね。


日頃から野菜中心の食生活や運動を心掛けていれば、肥満になることもなくその分妊娠リスクも大幅に下げることができます。

 

と言う事で、肥満は妊娠糖尿病だけに限らず様々な妊娠時の病気を招きやすいと言う事は事実ですね。