妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

妊娠糖尿病で胎児に与える巨大児や奇形などのリスクは?

妊婦が妊娠糖尿病と診断された場合、胎児奇形や巨大児、胎児の死亡の可能性もあります。


また、母親の身体にまで影響が及ぶリスクがあるのでできる限り迅速にかつ正しい対応をとることが重要になってきます。

 

 妊娠糖尿病とは


人は食事で摂取した糖分をインスリンというすい臓から分泌される成分によって分解し、エネルギーとします。


しかしこのインスリンの分泌がなにかの理由で少なくなったり、また効果が出なくなったりすると血糖値が上昇してしまいます。

 

このあたりは糖尿病の原理と同じと考えて良いですね。


妊娠中は胎盤からインスリンに対抗する作用を持つホルモンが分泌されることがわかってています。


そのため普段は糖尿病などの基準に全く達していなかった女性であっても高血糖になりやすいのです。


さらには家族に糖尿病の人がいたり、また普段から血糖値が比較的高くなるような生活習慣がある人は妊娠時に妊娠糖尿病になりやすいと言われています。

 

例えば、ほとんど家から出ないので歩くこともあまりない。

 

お菓子大好きな妊婦さんは危険ですね。

 

f:id:navimy:20161201232456p:plain

 

妊娠糖尿病はなぜ胎児にリスクがあるのか


妊娠糖尿病の怖いところは母体だけでなく、胎児にまで大きな影響があることです。


血糖値が上がると血管に悪影響が出ます。


妊娠中なら胎児と母体をつなぐ胎盤の血管に対して悪影響を及ぼし結果として胎児異常があります。

 

胎児仮死、胎児死亡、先天奇形、巨大児、肩甲難産などによる分娩障害が起こりやすくなるのです。


また胎児だけでなく生まれた後の新生児であっても、新生児低血糖症、胎児発育遅延などの症状が出るケースがあることがわかっており、成長した後にも影響があることがわかっています。

 

自分だけの事ではないこと、そして出産後もその影響により引きずらなければならないことを知ると、妊娠糖尿病になるのは絶対に避けたいですよね。

 

妊娠糖尿病のリスクを減らすためには


妊娠糖尿病はつわりなどの初期に出やすいとされていますが、実際は妊娠期間すべてにおいて発症する可能性があります。


そのため定期的な検査が必要ですが、ある程度妊娠糖尿病にかかりやすい条件を持っている妊婦さんは必ず医師には伝えた方が良いですね。

 

年齢的な事もありますね。

 

一応35歳以上の場合は妊娠糖尿病のリスクもあります。

 

普段から血糖値が高い人や、家族に糖尿病がある人‥

 

急激に太ってしまった人など。


また仮に診断されたとしても運動療法や食事療法、そしてインスリン注射で改善する道があります。


血糖値をこれらの方法でうまくコントロールすることができれば、巨大児、胎児奇形などを防ぐ可能性が大幅に広がります。


せっかく辛い思いをして新しい家族を迎えるのであれば、健康な赤ちゃんを産みたいですよね。


そのために妊娠糖尿病は予防しなくてはならない病気ですので、妊娠糖尿病の状態で赤ちゃんを産むと巨大児が生まれやすくなるというリスクを理解しておきましょう。