妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

熟年世代を襲うがんを予防するには?

日本人の死因の第1位が悪性新生物(がん)となっています

 

誰でも遭遇する可能性のある病気で、高齢化時代の今日では2人に1人が生涯においてがんにかかるといわれています。

 

がんの多くは40代から増え始めて60代で最も多発します。

 

熟年世代を襲うがんを予防する事も出来ます。

 

いつまでも健康でいるためにがん予防に取り組んでみませんか。

 

熟年世代に多いがんを予防するためには?

 

がんは多数の要因が複雑に重なり合って、長い時間をかけて発生してくる病気です。

 

がんを防ぐためには、たばこは吸わないことが大原則です。

 

健康の事を考える人も多くなりここ数年嫌煙家がすごく増えましたね。

 

他人のたばこの煙もできるだけ避けてください。

 

食事は偏らずにバランスよく摂ること、塩辛い食品はひかえめにしてください。

 

飲酒は適量を心がけて、野菜や果物をたくさん食べてください。

 

身体を錆びさせないことが大切です。

 

それには、野菜や果物などの酵素等、抗酸化のものを摂ると良いと言われています。

 

そして、適度な運動と適切な体重維持が大事です。

 

過度の運動はかえって良くないと言う説もあります。

 

ウイルスや細菌の感染予防と治療を心がけ、定期的ながん検診を受けてください。

 

ライフスタイルを見直すことによってがんになることを予防できます。

 

親族でがんになった人がいる方はリスクが高くなりますが、早期発見と早期治療で、がんは治る病気になってきています。

 

万一自分や家族、親しい人ががんと向き合うことになったときに備えて、がんについて正しい知識を身につけておくことが大事です。

 

胃がんの特徴と予防について

 

最近は若い方も胃がんになるケースがありますが、熟年世代を襲うがんでは胃がんがあります。

 

加齢もがんの原因の一つですが、胃がんになりやすい人は、塩分の摂りすぎと、ピロリ菌の感染が関係しているのは知られるようになりましたね。

 

ピロリ菌を除菌するのはとても簡単です。

 

数日間薬を飲むだけです。

 

いつも胃の調子が悪い人がいました。

 

f:id:navimy:20161209172502j:plain

 

調べてみるとピロリ菌が悪さをしているからと言う事がわかりました。

 

ピロリ菌を除菌しただけで、今までの胃の不快感が全くなくなったと言う人もいます。

 

ピロリ菌の検査はお金がかかる?

 

胃の調子が悪くなく、ただピロリ菌がいるかどうかの検査だけだと数万円かかります。

 

それなら、マヌカハニーでやっつけちゃいましょう。

 

除菌力は薬と比べたらどうなのかはっきりは分かりません。

 

ですが、マヌカハニーを舐めているとがんさえも小さくなる、消えてしまうと言う噂もあります。

 

がんについては定かじゃないかもしれません。

 

しかし、免疫を強くし風邪をひきにくくしたりウィルス系の病気に感染することが無くなったと言う話は聞きます。

 

ピロリ菌感染者は胃がんのリスクが5倍以上と言われます。

 

胃の粘膜内にすみつき委縮性胃炎を起こして胃がんに進展しやすいのです。

 

一度感染の有無を調べて陽性だった場合に薬を飲むことによってピロリ菌を取り除くを行うとよいでしょう。

 

感染の有無に関わらず、喫煙は胃がんのリスクを高めるので、たばこは吸わない事が何より大切です。

 

減塩する、野菜や果物不足にならないように生活習慣を高めてください。

 

大腸がんの特徴と予防について

 

近年大腸がんは急増していて女性では部位別死亡率のトップです。

 

大腸がんは遺伝よりも環境が及ぼす影響のほうが大きく、肥満や喫煙、肉食の多い欧米型の食生活が原因と考えられています。

 

赤身肉やハムやソーセージなどの加工肉を食べる量を減らしてください。

 

アルコールやこげた肉、鉄分の過剰摂取も危険因子です。

 

大腸がんは、早期発見できれば9割以上の人が治ります。

 

初期段階は自覚症状がなく、症状がでてからでは遅いことが多いので、手軽な「便潜血検査」を年に1回は受けましょう。

 

40代以降の人は腸の内視鏡を受けた方が良いと言う医師の話しもありました。

 

熟年世代を襲うがんを予防するには出来る事から行動すれば安心ですね。