妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

歯周病と怖い全身疾患の関係

歯周病が原因で大きな病気を引き起こすことがあります

 

歯周病は、歯ぐきや骨が歯垢の中の歯周病菌によって壊され最悪の場合歯が抜け落ちてしまう病気です。

 

歯周病が悪化すると、歯周病菌が血管を通して全身に循環し、体のさまざまな場所で病気を引き起こしたり、悪化することがあります。

 

ここでは歯周病と怖い全身疾患の関係性に触れてみます。

 

 歯周病菌が影響している怖い全身疾患とは?

 

歯周病が影響している全身疾患には様々な病気があります。

 

「動脈硬化」

 

歯周病菌が血管に入りこんで、血管壁につくと動脈硬化が進んで、血管が狭くなる、詰まる、破れると言った状態になりやすくなります。

 

「狭心症・心筋梗塞」

 

動脈硬化により心臓の筋肉に栄養を送る冠動脈が詰まることで起こる、狭心症や心筋梗塞などの心臓病の原因のひとつとされています。

 

「心内膜炎」

 

心臓の弁に歯周病菌が付着して起こることがあります。

 

「糖尿病」

 

歯周病菌によってインスリンが効きにくくなり、糖尿病が悪化する。

 

糖尿病が悪化すると歯周病にかかりやすく、歯周病が改善すると糖尿病も改善するなど互いに影響を及ぼしている。

 

「認知症」脳卒中の後遺症としておこる脳血管性の認知症につながります。

 

脳卒中は動脈硬化が脳血管でおこる

 

ものなので、歯周病を予防して動脈硬化のリスクを減らすことが、脳血管性の認知症のリスクを減らすことになります。

 

「肺炎」

 

口の中の歯周病菌等が誤嚥により唾液などとともに肺に入りこみ、誤嚥性肺炎を引き起こす。寝ている間に誤嚥してしまうことは、健康な人でもおこることがあります。

 

「間節リウマチ」

 

歯周病にかかっている人は間節リウマチが発生しやすいことも指摘されています。

 

「バージャー病」

 

手足の血管に血液がたまりできる病気で、喫煙者に多く見られます。患者の多くが歯周病にかかっていることから関連性が指摘されています。

 

歯周病を予防するためには?

 

一番大切なのは、毎日の歯みがきです。

 

 

f:id:navimy:20161230202654j:plain

正しい歯みがきの方法を身につけて、歯と歯ぐきの健康を守るようにしていきましょう。

 

歯石をつくらないことも大事です。

 

歯石は一度できてしまうと歯科医に行かなければとれません。

 

歯石ができた場合はなるべく早く歯科医にかかり取り除いてもらいましょう。

 

歯周病のほとんどは歯みがきだけでも治ります。

 

重症の場合は手術で炎症のある病巣部を取り除くこともあります。

 

かかりつけの歯科医をつくって定期的に歯の検診を受けることをおすすめします、半年に一度歯石を取ってもらったり、歯のみがき方をチェックしてもらうのが効果的です。

 

歯周病と様々な怖い全身疾患の関係を理解して病気を予防するためにも歯周病対策が大切です。