妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

新型頭痛の真実!症状と治し方とは?

新型頭痛ってよくある頭痛と何が違うのでしょうか?

 

簡単に言ってしまえば、慢性頭痛を根本から治療せずそのままにしておいた頭痛のことを言うようですよ。

 

新しい頭痛の種類と言う事ではないんです。

 

頭痛外来で有名な新橋にある汐留シティセンターセントラルクリニックの頭痛外来には、毎日いろんな頭痛の患者さんでいっぱいです。

 

その中でも脳が焦げ付いたと言う表現の新型頭痛で悩んでいる患者さんが、ここのところ増えているそうです。

 

新型頭痛どんな症状なのか、どうやったらは治るのか真実を知りたいですよね!

 

 

新型頭痛はどんな症状なの?

 

新橋駅から歩いてすぐ、汐留セントラルクリニック清水俊彦先生に診てもらいたい患者さんが毎日300人来ているそうです。

 

大きく頭痛を分けると、頭痛患者はとうに知っている緊張性頭痛、片頭痛(偏頭痛)、群発頭痛と分かれますね。

 

そして今回言われている新型頭痛の症状はどんなものかと言いますと?

 

元々の頭痛をほおっておいたために更なる苦痛がやって来るタイプの頭痛を言います。

 

脳波を調べると、はっきりとわかります。

 

頭痛外来の清水俊彦先生によると、脳が焦げ付いた状態だと言う事。

 

日本には4000千万人の頭痛もちの人がいると言われています。

 

新型頭痛の真実と症状とは?

 

頭痛が慢性化した時に、専門の頭痛の医師に診てもらわずその場限りの頓服でしのいだ場合等新型頭痛に移行します。

 

過敏性症候群とも言われているこの新型頭痛の症状は、頭痛に加えてめまいやふらつきなどもありとても辛い症状です。

 

新型頭痛の治し方

自分で頭痛をもとから治すと言う事は出来ません。

 

頭が痛い時に頭痛薬を飲むことが出来ても、元から頭痛が治っているわけではないので一時しのぎに過ぎないのです。

 

わかっているけど、頭痛外来に行くほどではない!

 

と、思っている頭痛患者は実は多いのです。

 

f:id:navimy:20170131200444j:plain

 

薬を飲めば治るのなら、それでいいじゃないかと言う気持ちになりますから。

 

そんな状態を繰り返して、10年20年と月日が経ってしまったと言う患者が多いんですよね。

 

この私もそうです。

 

頭痛歴30年年のベテランです。

 

色々な病院に行きました。

 

もちろん、汐留セントラルクリニックの清水俊彦先生にも診てもらいました。

 

悪い病気が脳にないか定期的にMRIの検査をします。

 

頭痛改善薬も毎日飲むように渡されます。

 

一応薬なので、肝臓に負担がないかどうか肝機能の検査も血液検査で時々調べていました。

 

新型頭痛は薬で治るの?

 

頭痛はその場限りではなく、改善していくための薬を飲んで治します。

 

頭痛もちの人は何十年もその状態の人が多いので、そんなに簡単には頭痛もちは解消されません。

 

まずは改善薬をもらって毎日飲むことに限ります。

 

頓服ももらいますが、特にロキソニンは副作用が頭痛なのであまりたくさん飲むことは勧められません。

 

ロキソニンなどの頭痛薬を続けていることで、薬物乱用と言う副作用があらわれることもあります。

 

せっかく改善薬で頭痛の頻度が減ってきたのに、そこで頭痛の頓服を何度か飲んでしまったばかりに頭痛は元のもくあみになる事もあります。

 

頭痛の改善薬はその人によって、何が効くかわからないそうです。

 

何種類か改善薬があるので、自分に効く改善薬が見つかるまで試すしかないようです。

 

今私は、セレニカとトリプタノールを改善薬として飲んでいます。

 

偏頭痛には、イミグランの点鼻薬が一番効いています。

 

頭痛は3人に一人いるとまで言われていますが、頭痛による時間のロスや頭痛での辛い時間を無くすためにも、頭痛が出ない特効薬が出ることを祈りたいです。

 

 新型頭痛だと思ったら医師に診てもらい、改善薬などで少しずつ治っていくと良いですね。