妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

妊婦の花粉症には市販の目薬と点鼻薬でも大丈夫?

妊娠と花粉症の関係性について。

 

妊娠を機に花粉症が悪化したという女性も少なくないのではないでしょうか。

 

本来、アレルギーを持っていても発症しない場合があります。

 

体質とアレルギーの発症は別問題であり、生活環境は食生活の影響で発症するか否かが変わるようです。

 

またホルモンと免疫系、自律神経系は互いに相互作用があるため、妊娠中のホルモンバランスの変化でアレルギーが表出しやすくなっています。

 

妊娠中はホルモンバランスの変化により、鼻の粘膜が腫れたりうっ血しやすくなってしまうそうです。

 

花粉症になった妊婦さんは鼻の不調では点鼻薬も使いたいし、目も痒くなるので目薬も使いたいですよね。

 

花粉症の妊婦さんはそんな時に、市販の目薬を点鼻薬を使っても良いか知りたいところです。

 妊娠中の薬の影響

 

もともと花粉症が出なかったのに妊娠と共に発症してしまうことがあります。

 

鼻腔内の環境変化によりアレルギー物質を制御しきれないために発症に至る可能性もあるようですよ。

  

妊娠中は免疫力が低下することによって花粉症の悪化やものもらい、結膜炎が発症してしまった方は少なくないのではないでしょうか。

 

まず、目薬や点鼻薬が妊娠中にどのような影響があるのかというと、催奇形性の恐れがあります。

 

催奇形性というのは妊娠中に母体がなんらかの薬を服用することによって胎児に奇形が発生する危険性のことを言います。

 

しかし目薬や点鼻薬は粘膜に局所的に吸収されるため、飲み薬と違い血液内に入ってもごく微量なので基本的には安全と言われています。

 

また目薬や点鼻薬の影響で奇形の子が生まれたなどの報告はいまのところありません。

 

全く問題ないとも言い切れない、または影響がわからないというニュアンスが含まれているようです。

 

出来れば花粉症で辛くても手っ取り早いからと市販の点鼻薬や目薬は危険を考え、やめておいたほうが良さそうです。

 

以上のことから目薬や点鼻薬で胎児に奇形が発生するかは未だわかっていないのです。

 

f:id:navimy:20170306221907j:plain

 

妊娠中に胎児の形成に関わるであろう成分や影響のある薬は市販薬での目薬や点鼻薬でも避けて、医師の判断を仰いだほうが良いですね。 

 

妊婦に市販薬は大丈夫なのか

 

市販されている目薬や点鼻薬の中でも、妊娠中でも使用できるという謳い文句のものは多数あります。

 

妊娠してなくても、花粉症で目の痒みやくしゃみがひどくて耐えられないという女性は少なくないのではないでしょうか。

 

そういった時は手軽に購入できる市販薬に頼りたくなってしまいますね。

 

妊娠中に花粉症になってしまった場合、処方される点鼻薬の中ではザイザルやアレグラといった抗アレルギー作用のある抗ヒスタミン薬が基本です。

 

ザイザルやアレグラは妊娠初期と授乳中に使用しないよう書かれていますが、妊娠中期から後期にかけては薬が体内に留まっても胎盤を通過するため問題ないとされています。

 

そして花粉症の症状でストレスをためてしまうより、ザイザルやアレグラを使用して症状を解消し、ストレスを軽減した方が妊娠中にはいいと言われていますよ。

 

また妊娠中には抗炎症作用のあるプラノプロフェン、長期的なストロイドの使用は禁忌とされています。

 

市販薬の中でプラノプロフェンが入っている目薬は大正製薬「アイリスガード」、ロート製薬「アルガード」、タケダ「マイティアアイテクト」の製品が挙げられます。

 

以上のものは妊娠中には避けた方がいい目薬です。

 

妊娠中に安全に使用できるという市販の点鼻薬や目薬でも産婦人科へ相談した上で購入することが安心です。

 

改めて耳鼻科に通って妊娠中に使用できる目薬を処方してもらうことが大切ですよ。