妊活と健康

妊活している女性への色々な知っておきたい大切な知識と、病気や健康についての情報

スポンサーリンク

妊婦さんの花粉症、薬に頼らないで乗り切るための対策とは

妊娠中に花粉症であったり風邪であったり、薬に頼りたくなる経験は多々あるのではないでしょうか。

 

妊婦さんが花粉症になって薬を使うことを考えると、胎児への薬の影響が心配です。

 

市販でも妊娠中に使用できるという謳い文句の書かれている薬は売られています。

 

でも、出来れば妊娠中はアフン症で合っても薬は使いたくないですよね。

 

妊婦さんが花粉症の時に薬に頼らないで乗り切るための対策とはどんなものがあるのでしょうか?

 

妊娠中に花粉症の薬は使用できるの?

 

 妊娠中に服用できる薬というのは胎児の形成に影響のある成分がないものです。

 

花粉症では点眼薬や点鼻薬を使用することがあるかもしれません。

 

それらは粘膜の局所的に成分が吸収され血液中に流れる成分はごく微量のため、胎児への影響は限りなく少ないと言われています。

 

また花粉症などの症状でストレスをためてしまうより、妊娠中に使用できるという薬を使って症状を改善した方が身体にいいとも言われています。

 

市販の薬を使うときは、大丈夫だろうと過信をしないで必ずかかりつけの産婦人科に相談しましょう。

 

家の中で行える花粉症対策

 

妊娠中の花粉の心配はつきものなのではないでしょうか。

 

体質やホルモンバランスの変化で花粉症などのアレルギーが悪化したり、発症してしまったりした経験がある女性は少なくないのではないでしょうか。

 

f:id:navimy:20170308163512g:plain

 

そこで家の中での花粉症対策として妊婦さんにもおすすめなのは鼻うがいです。

 

花粉やウイルスなどの異物が鼻の粘膜についてしまうことで症状が悪化してしまいます。

 

それを洗い流すことで非常に楽になりますよ。

 

水道水をそのまま使用してしまうと塩素の影響で粘膜を傷付けてしまう恐れがあるので避けましょう。

 

水道水を使用する場合は一度煮沸させましょう。

 

鼻うがい洗浄液が市販されていますが、妊娠中への影響が気になるという方は自宅で簡単に洗浄液が作れます。

 

◆おすすめは洗面器に2リットルの人肌程度のぬるま湯に大さじ1杯程度の食塩を溶かし、生理食塩水を作ります。

 

◆あとは片方の鼻を押さえてゆっくりと生理食塩水を吸ってから洗面器から顔を上げて喉の方に流して吐き出すのを数回繰り返します。

 

◆最後にゆっくりと静かに鼻をかみます。

 

人肌程度のぬるま湯で生理食塩水を作ることで体内の塩分濃度と同じになるので痛みを感じません。

 

 外出時の花粉症対策

 

外出時にはマスクや花粉症予防眼鏡、つるつるとした素材の衣服を身に着けるのがおすすめです。

 

外出時の注意点として帰宅後の行動がポイントです。

 

玄関の外で髪の毛や衣服をはたいて出来得る限りの花粉を落としましょう。

 

自宅に入ってからは手洗いとうがい、洗顔をすることで花粉をだいぶ落とすことができます。

 

花粉症対策眼鏡やつるつるとした衣服を着用することでその部位は花粉が付着しにくくなります。

 

しかし露出している部分には花粉が付着しやすいことと、花粉は目に見える大きさのものもあるので自宅に入る前に落としてしまうのが効果的です。

 

また、マスクを選ぶ際は密閉性を重視するといいかもしれません。

 

花粉はウイルスや菌よりも大きいのでフィルターから侵入できる数は少ないです。

 

意外と隙間から入ってきてしまうことが多いようです。

 

妊娠中は薬を使用するのにもかなり悩まされることと思います。

 

家の中と外と帰ってきてから鼻うがい等など是非参考にして、妊婦さんが薬に頼らない花粉症対策を取り入れてくださいね!